THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series
THE T-SHIRTS Series

THE T-SHIRTS Series

定価 ¥9,350
/
税込価格。 合計5,000円以上購入で送料無料。

THE ON T-SHIRTS

スーツやジャケットに合わせられる、上質感あるTシャツ。

『THE ON T-SHIRTS』は、そんなTシャツを目指して生地から開発しました。
シルクのような肌触りと光沢感を実現できた理由は、糸の撚り方とその加工方法にあります。

肌触りが抜群と称されるインド長綿を用いて、2本の糸を1本に撚り合わせる双糸で生地を編み上げています。糸のムラが均一になりコシが出るため、生地の表面平滑になるのが特長です。
また、見た目だけでなく、機能面でもメリットがあります。1本の糸を撚る単糸では洗濯を繰り返すと繊維が膨張し、撚りとは逆方向に戻る力が働きます。これを斜行といいますが、双糸は斜行が起きにくいため生地が変形しにくく、ねじれを気にせずに長く着ることができます。

THE ON T-SHIRTSには、糸表面の毛羽を抑えるためにガス焼き加工を施しています。
ガス焼き加工とは、平滑で光沢を持たせる手法のこと。炎の中に紡績糸を高速で通して、糸表面のみを焼くことで毛羽を除去しています。元の糸よりも細くなりますが、表面は平坦で艶やかに仕上がります。
通常の数倍の手間をかけることで、シルクのようなさらりとした心地よさと張り感のある生地が完成しました。

スタイリスト伊賀大介が監修、細部のサイズ感にまでミリ単位でこだわっています。
やや細身のシルエットにすっきりとした襟ぐりとリブ、カットソーのように着ていただける端正なTシャツです。

 

THE OFF T-SHIRTS

透けにくく、繰り返し洗濯しても型崩れせず、着れば着るほど肌に馴染む。

そんなTシャツを目指し作ったのが『THE “OFF” T-SHIRTS』です。

生地には、100%コットンのオープンエンド 糸(空紡糸)を採用しています。
オープンエンド糸とは、紡績の工程で糸の元となるスライバーに必要な太さや強さ・弾力性を持たせるため、適度に引き伸ばしながら空気の渦の力で撚りをかけ1本の糸をつくること。糸にかかる撚りが一定ではなく外側に強くかかるため、表面はシャリ感のある硬めの質感で凸凹のある生地となります。

THE OFF T-SHIRTSは、この糸を使って、丸胴で仕上げています。
一般に丸編み機で編むカットソー生地は、筒状の生地を縦にカットして一枚の生地にし、Tシャツの前後を縫製で縫い合わせています。これを平胴(もしくは縦割り)といいます。対して、丸胴とは、生地を開かず筒状のままTシャツの胴に使うこと。
丸胴の作りは身幅に合わせて編み機が決まるため、各サイズごとの編み機が必要となり、少量の生産では効率が低くなることから、今ではほとんど見られなくなりました。
わきの縫い目によるごろつきがなく、肌当たりが良いTシャツになっています。

THE OFF T-SHIRTSの生地は、THE POCKET T-SHIRTSと同じですが、Whiteカラーのみ無漂白の生地(natural)を採用しています。ラフに着るこのTシャツには、漂白していない生成色の生地の方がふさわしいと考えたからです。

ややゆとりを持たせた襟ぐりとボディが、リラックス感ある着心地を生み出しています。

 

THE POCKET T-SHIRTS

一枚で着ても間違いなく様になり、何度洗濯を繰り返しても、型崩れしにくく丈夫。そんなTシャツを目指して出来たのがTHE POCKET T-SHIRTSです。

生地には、100%コットンのオープンエンド 糸(空紡糸)を採用しています。
オープンエンド糸とは、紡績の工程で糸の元となるスライバーに必要な太さや強さ・弾力性を持たせるため、適度に引き伸ばしながら空気の渦の力で撚りをかけ1本の糸をつくること。糸にかかる撚りが一定ではなく外側に強くかかるため、表面はシャリ感のある硬めの質感で凸凹のある生地となります。

THE POCKET T-SHIRTSは、この糸を使って、丸胴で仕上げています。
一般に丸編み機で編むカットソー生地は、筒状の生地を縦にカットして一枚の生地にし、Tシャツの前後を縫製で縫い合わせています。これを平胴(もしくは縦割り)といいます。対して、丸胴とは、生地を開かず筒状のままTシャツの胴に使うこと。
丸胴の作りは身幅に合わせて編み機が決まるため、各サイズごとの編み機が必要となり、少量の生産では効率が低くなることから、今ではほとんど見られなくなりました。
わきの縫い目によるごろつがなく、肌当たりが良いTシャツになっています。

THE POCKET T-SHIRTSの生地は、THE OFF T-SHIRTSと同じですが、Whiteカラーのみ漂白した生地(bleach)を採用しています。一枚で様になるこのTシャツには、漂白された白い生地の方がふさわしいと考えたからです。

胸元のポケットは見た目のポイントを作りつつ、一般のスマートフォンが入るサイズに設計し利便性も重視しました。

ゆとりを持たせたボディに、少しの狭めの首回りとスタンダードな太い襟リブ、バランスの取れたシルエットのTシャツです。

こちらもおすすめ

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)